カーボンニュートラルのため実践活動、仏様の教えを実現 > お知らせ


お知らせ

お知らせ

お知らせ

カーボンニュートラルのため実践活動、仏様の教えを実現


ページ情報

作成者 최고관리자 日時22-08-22 15:02 再生124回 コメント0件

本文

 

‐曹宗『低炭素生活実践ガイドブック』出版

 -「寺院編」・「信徒編」に区分け中元を迎え配布

 

カーボンニュートラルを達成するため、仏教信徒仏様の教えを具現する実践活動にはどのようなものがあるだろう。候危機の対応が全世界の話題として浮上した中、生命を生かすため信徒たちが実践できる方法を知らせるガイドブックを出版した

 

務院(務院長・圓行僧)は、各寺院の僧侶や信徒たちが候危機に対する対応をする『低炭素生活実践ガイドブック』を製作及び、配布した。

 

今回刊された『低炭素生活実践ガイドブック』は、「寺院編」と「信徒編」に区分け、製作された。

 

「寺院編」は寺社生活及び、寺社運管理、育とキャンペン、事、森と菜園造成に関する実践指針を紹介した。更に、候危機に関する法文資料や炭素節減支援制度も収録した「信徒編」は信徒たちが自分の家庭で簡実践できる容で構成した。それはエネルギ費の削減、物質消費の削減、交通及び輸送、資源循環、炭素吸源の加などである。

 

ガイドブックには候危機の況にする明や仏教的な解決方案、実践事項チェックリストが含まれた。特にガイドブックは大豆油のインクで印刷し、環境保全のため努力を実践した。

 

宗は中元の日、実践ガイドブックを配り、宗ムペwww.buddhism.or.krでも無料配布する予定であるまた、候危機を克服するため‘生活の換’をテマとした報動も製作中である。その他、曹宗は12ヶ所の仏教学に開設された気候危機講義を支援しており、法等を通じ年4回の候危機に連する法文容を提供するなど認識換と質的な実践活動を促している。

 

宗側は、「寺院と信徒たちの日常生活の中で炭素排出を節減し、地球度を守ろうとする全人類的な実践活動に仏教界が先頭に立つのは勿論、危機時代を乗り越えるため仏様の知えを積極的にえ、人類を尊重と生活を再整備を促すべきである」と述べた。更に、「このガイドブックは生命を生かすための私たちの小さな実践であり、少なくともカーボンニュートラルに役に立つことを願う」と述べた。

 


 

  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

COPYRIGHT © 2018 大韓佛教曹溪宗. all rights reserved.