ミャンマー民主化のための大韓仏教曹渓宗の立場 > お知らせ


お知らせ

お知らせ

お知らせ

ミャンマー民主化のための大韓仏教曹渓宗の立場


ページ情報

作成者 Jogye 日時21-03-16 15:28 再生479回 コメント0件

本文

12df0a5f7dadecdc19c92c9984c9ca19_1615876030_7652.JPG
12df0a5f7dadecdc19c92c9984c9ca19_1615876036_2544.JPG
12df0a5f7dadecdc19c92c9984c9ca19_1615876038_5725.JPG 

 

去る2月1日、ミャンマーでは軍部クーデターが発生し、現在でも多くのミャンマーの民衆が街で血を流して倒れている。大韓仏教曹渓宗は、軍部によるミャンマーの民衆の被害に深い憂慮を示し、ミャンマーの民衆による民主化のための抵抗と怒りに深い慰労と連帯の立場を表明する。

 

ミャンマーの現代史は、暴圧的な軍部統治とそれに抵抗してきた民衆抗争の歴史である。このような歴史の中で、ミャンマー軍部はミャンマーの民衆の民主化への熱望を数回にわたって踏みにじり、今回も暴力な鎮圧により、現在まで約100人以上のかけがえのない人命が犠牲になり、数千人が負傷したと伝えられている。 

 

ミャンマーは千仏千塔の大切な国である。全世界の人々が心の平和のため、訪れる修行の国である。大韓仏教曹渓宗では警察兵力の前で膝をまずき、訴えたミャンマーの僧侶、彼の小さいが、しかし、大きな響きが全世界に広がることを祈る。大韓仏教曹渓宗は、ミャンマーが平和と慈悲に溢れた国へ戻るようお祈りする。 

 

1700年の韓国仏教の歴史と伝統を継承している大韓仏教曹渓宗は、ミャンマーの民主化のため、次のような立場を表明する。

 

一。ミャンマーの民衆に向けた軍部の暴力は、直ちに中断するべきである。
一。ミャンマーの民衆による民主化のための運動を積極的に支持する。
一。ミャンマー事態の平和的な解決のため、国際社会の積極的な努力を要請する。一。ミャンマー事態の平和的な解決のため、仏教徒たちの祈祷と参加を願う。

 

2021年3月16日
大韓仏教曹渓宗

 

12df0a5f7dadecdc19c92c9984c9ca19_1615876059_982.JPG
12df0a5f7dadecdc19c92c9984c9ca19_1615876064_31.JPG
12df0a5f7dadecdc19c92c9984c9ca19_1615876067_3063.JPG
 

  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

COPYRIGHT © 2018 大韓佛教曹溪宗. all rights reserved.