“華厳思想の真髄を見せる聖宝” > お知らせ


お知らせ

お知らせ

お知らせ

“華厳思想の真髄を見せる聖宝”


ページ情報

作成者 최고관리자 日時21-10-05 13:31 再生55回 コメント0件

本文

仏教中央博物館、‘華蔵 智異山大華寺特別展’開

 

cef75cb8dbf6f1e31e76ab17beca1548_1633408763_6882.jpg

務院長・圓行僧をはじめとする賓たちが‘華経’参拝

 

 

仏教中央博物館(館長・呑呑は「華蔵 智異山大見華厳寺」の特別展示会を9月14日より11月14日まで開く。 今年で4回目を迎える教区本社の特別展である

 

本展示会は、智異山エリアに位置する全羅南道の名刹でありながら、曹宗第19教区本社である華寺の文化遺産を紹介する。9月13日、仏教中央博物館は、国仏教歴史文化記念館の統文化芸術公演場で開幕式を行い、貴重な仏教文化財のソウル訪問を知らせた

 

特別展では華寺の国宝2件、9件、有形文化財2件を含む140件265点が公開される。特に、これまで一般に公開されなかった木造毘盧遮那三神坐像(国宝)の服装遺物をはじめ、華寺大雄殿の毘盧遮那三神仏会図物)、華寺西五重石塔(物)と東五重石塔の荘厳具、西山大師と碧岩大師の袈裟など、貴重な文化遺産を見ることができる。また、1万4千余点を超える彫刻片、華物)は展示会の白眉である

 

更に、殿で供養具として使われた韓の代表的な陶磁器、「白磁弘治二年銘松竹文壺(国宝)」も貴重な展示品である。谷城泰安寺にわる大鈸鑼物)を通じ、朝鮮時代の仏教儀式の荘厳さも確認できる。一方、4.4メトルの大型後3点で構成された華寺大雄殿毘盧遮那三神仏会図物)は、1点ずつ3回にわたって韓国仏教歴史文化記念館のロビーで公開する予定である

 

全羅南道求に位置する華寺は、西544年、インドの僧侶である縁起僧により創建され、1500余年の史を受けいでいる。務院長・圓行僧は開幕式の祝で、「あなたと私が共になる仏教の華思想がいつになく必要な時期である」と言い、「今回の展示を通じ、自らなる本性を悟り、すべての生命の真なる本性と出うきっかけになってほしい」と力した

cef75cb8dbf6f1e31e76ab17beca1548_1633408910_7711.jpg 

 

智異山華寺特別展のテプカット式

 

cef75cb8dbf6f1e31e76ab17beca1548_1633408984_1612.jpg
cef75cb8dbf6f1e31e76ab17beca1548_1633408984_3054.jpg
cef75cb8dbf6f1e31e76ab17beca1548_1633408984_4005.jpg
cef75cb8dbf6f1e31e76ab17beca1548_1633408984_4864.jpg
cef75cb8dbf6f1e31e76ab17beca1548_1633408984_5848.jpg 

寺住職の德門僧が務院長の圓行僧()に記念の文字をプレゼント

 

 

  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

COPYRIGHT © 2018 大韓佛教曹溪宗. all rights reserved.